2017年05月04日

遠野では・・・

岩手県遠野と言えば柳田邦夫先生の「遠野物語」で知られる民話の故郷ですが意外な事に羊の生産が盛んで「ラム肉」を食べる事が多いそうで一人当たりのラム肉の消費量は北海道に匹敵するそうです。今、遠野辺りはお花見のシーズンですが北海道同様お花見と言えばジンギスカンだそうです。(ZIP放映)

2008-09-03-11.jpg

でも北海道と同じジンギスカン鍋ですが他に使うものが少し違うようです。
燃料はキャンプ用品などで使う缶入りの固形燃料。コンロ代わりに穴あきのバケツ。

4d3b28cfa7c85b598e5ec3a506ddb281.jpg

普通のバケツ(火を使うので昔ながらの金属バケツ)の中央に固形燃料をセットして使います。炭火を直接当てる一般的なバーベキューのイメージとは違います。そもそもジンギスカン鍋を熱するのですから炭を使う必要は無いわけです。網を使う場合なら炭火の方が旨いなんて言われますけど・・・(焼き鳥屋さんなんかでそれを売りにしてますよね。)

41AVTSCBEKL__SX355_.jpg

使い切りのアルミプレートのジンギスカン鍋もあるそうですよ。
北海道では海水浴=ジンギスカンパーティーだそうで海岸に捨てられる炭灰が環境汚染になっているようですが固形燃料ならそんな心配はないですね。民話の故郷=遠野の方法はそんな点にも配慮されているのかな?
posted by mako at 08:35| 神奈川 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
使い切りのアルミプレートのジンギスカン鍋は、こちらでも使ってますね。
私はジンギスカン、今は、あまり好きじゃないけど、若いころは牛乳臭いとは思っておふつうに食べてました。
Posted by rinrin at 2017年05月11日 19:27
ジンギスカン鍋は持っていませんが
私はラム肉は好きです。
Posted by miya at 2017年05月12日 10:04
好きです。
Posted by t−kuro at 2017年05月14日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: