2016年02月18日

歌川広重 藤沢宿

Seesaa Blogのディスク容量が3月1日から変更されるそうです。今までは100MBづつ申請して最大が3GBだったのですが5GBになるそうで追加申請の必要もなくなるそうです。安心して5GBまで使えるようになります。このブログもどんどんアップしてくれて大丈夫になります。ガンガン投稿してくださいね。

先日、「歴史を歩く 深堀り神奈川」という本を読んでいたら・・・

53tugi7.jpg

奥に見えるのが江の島です。鳥居の後ろ橋が藤沢橋(現在の場所とは異なる)です。鳥居へと歩いていく一団が問題です。この人たちは座頭です。座頭市の座頭と言えば盲人、按摩や針などを生業とする人です。江の島を散策していて「杉山検校の墓」って見た覚えはありませんか?杉山検校は弁天様を詣でに江の島に来た時に後の杉山流管鍼流のヒントを得たそうです。そんな訳で彼らの聖地なんですね。歌川広重はその事を知っていて描いたそうです。広重は他の浮世絵でもその土地土地の有名なものを描き込んでいるそうです。そんな風に眺めると興味深いですね。
posted by mako at 22:03| 神奈川 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
江の島って、今は展望台がアクセントになっていて
遠くから見たときに絵になるなぁと思っていました。
当たり前ですけど、昔はそんなものありませんよね。
今よりも山深い雰囲気でしたのでしょうかね。
Posted by miya at 2016年02月19日 18:23
今の展望台は調べると2004年からですけど灯台はあったんですよね。記憶にないですけど・・・。
Posted by mako at 2016年02月21日 04:46
展望台は2004年からなんですね。
当時は写真を撮っていなかったので
絵になるとか、そういう見方はしていなかった。
そのせいか、全く記憶に残っていません、
江の島には磯遊びなど、よく子供を連れて遊びに行ったのになぁ。
Posted by miya at 2016年02月21日 10:35
そうですか。私がそっちで生きてた頃に展望台は無かったのですね。
印象が全く無いですね。
最も、撮影対象ではありませんでしたし、サザエを買いに行ってたくらいでしたからね。
Posted by tーkuro at 2016年02月23日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: